CONTENTS

CONTENTS

社名:(有)田 企画設計事務所
住所:神奈川県小田原市羽根尾583
TEL:0465-43-1891
FAX:0465-43-0568
営業時間:9:00~17:00
休・祭日も相談承ります。

企業理念

弊社は「お客様が幸せになる」家造りをモットーとしております。
お気軽にお声をかけて下さい。建てる前にまずご相談を。

また、住まいづくりをトータルにサポートできる体制を整え、
設計・監理からアフターサービスまで、新しい住まいの提案を
行っています。

会社概要

名称 有限会社 田 企画設計一級建築士事務所
住所 〒256-0804 神奈川県小田原市羽根尾583番地
連絡先 TEL:0465-43-1891 / FAX:0465-43-0568
事務所開設 昭和54年3月12日
一級建築士事務所登録 県知事第3541号
法人事務所開設 平成9年8月29日
一級建築士事務所登録 県知事10462号
事業内容【申請業務】 建築確認申請・長期優良住宅・フラット35s適合証明・用途変更・定期報告・開発申請
事業内容【設計監理業務】 木造(在来軸組工法)・木造3階(構造設計)・鉄骨造・鉄筋コンクリート造・組積造
事業内容【その他業務】 リフォーム前の木造耐震診断及び耐震設計・大規模修繕
代表者 久保田登志男 一級建築士 第124394号
所員 久保田 篤  二級建築士 第34871号
久保田 知子

企業理念

申請業務
建物用途 木造 (在来)・S造・RC造・組積造など
種類
建築確認申請
建物を建てる(新築・増改築)には、建築主は確認申請書を役所や検査機関に提出しなければなりません。又、建物の完成までに中間検査完了検査の申請も必要になります。
この申請のお手伝いをさせて頂きます。
長期優良住宅
住宅を長期にわたり使用することにより、住宅の解体や除去に伴う廃棄物を抑制し、環境への負荷を低減するとともに、建替えに係る費用の削減によって国民の住宅に対する負担を軽減することを目的としています。
長期優良住宅認定申請をすると、税率が優遇されるなどのメリットもあります。
この申請のお手伝いをさせて頂きます。
フラット35
住宅金融支援金融機構による技術基準の検査に合格し良質な住宅を手にする為のお手伝いをさせて頂きます。
検査に合格する事によって、長期固定金利、低金利などさまざまなメリットがあります。
用途変更
テナントなど物件を借りたりする時、その物件の用途を変更(事務所を老人ホーム)にするなど、建築基準法により確認申請が必要になります。(詳しくはご相談ください。)
定期報告
不特定多数の人が利用する特殊建築物について、構造の老朽化、避難設備の不備、建築設備の作動状況などを調査また検査し定期的に特定行政庁に報告する業務です。
開発許可申請
開発行為を行おうとする時は、許可が必要になります。
市街化に良好な水準を維持するための一般基準(33条)と市街化・調整区域について、市街化を抑制するための特別の基準(34条)があります。
設計監理業務
建物用途・木造(在来)・木造3階(構造計算)·S造·RC造
設計監理
建築士の資格を有する者のみが業とする事です。設計図通りの施工が出来ているかチェック。
図面だけでは伝えきれない内容を細かく伝える。建築主の代理としての、現場打ち合わせや指示。
建築主への報告業務。立場は「建築主の代理人」⇒監督業務の立場となります。
この設計監理を行う事で、よりお客様の幸せのお手伝いをさせて頂きます。
その他の業務
木造耐震診断
既存の建物で旧耐震基準(昭和56年6月以前)に設計
されている建物を現行の構造基準で耐震性の有無を確認する業務です。
建物の耐震基準は大地震などの災害で過去何度も改正されてきました。
国からの補助金など耐震化を推進していますが、未だ数多くの耐震化が行われていません。
又、旧耐震基準で建てられた建築物は、震度6から7の大地震で倒壊してしまう危険性が非常に高い。
耐震診断を行い、既存の建物構造の耐震性が分かり耐震補強案や改修工事費用を検討することが出来ます。
その他、リホーム・土地に関するご相談、解体工事など、何でもお気軽にご相談ください